ビットコインの単位は変えたほうがいい

ビットコインを表す単位で一番有名なのはBTCだ。現在1BTC≒50,000円である。ビットコインの単位にはmBTC(ミリビット)やμBTC(マイクロビット)、satoshiなどがあるが、あまり見かけない。
1mBTC=0.001BTC、1μBTC=0.000001BTC、1satoshi=0.00000001BTCである。

単位によってとにかく高いと勘違いされる

『1BTC≒50,000円!? 高すぎる。もう最初に買った人が儲けちゃったんでしょ?それだったら開発されたばかりの◯◯◯コインを買うよ。』と一瞬で拒絶反応を出されてしまうのである。せっかく少し興味をもってくれた人もSCAMに流れてしまう場合もある。

girl-925284_1280_2

人にはぴったりちょうど1BTC買いたいという心理が働いてしまい、『ビットコイン=最低50,000円からスタートするもの。しかも50,000円でスタートしても1個しか受け取れない。』と思ってしまう。あなたも初めてビットコインを買った時、最初は1BTC分からはじめたのではないだろうか?『それじゃあ最初は0.421BTC買ってみよう!』とはなかなかならないはずだ。

総供給量が2100万枚で時価総額が 7,000億円程度だから、、、、、などの説明を聞いても一般の人には全くピンと来ないだろう。『すでに上がりきったモノ』と捉える人が多いはずだ。

ビットコインのオンラインカジノなどはデポジットするとmBTCで表示される。これは1BTC=1000mBTCで表示されるためちょっとリッチになった感覚になる。5000円で0.1BTC受け取れるよりも、5000円で100mBTC受け取れたほうが気分が良い(同じだが)。

各国の取引所やクラウドセールなどで扱われる単位がBTCで定着してしまったいるため変更するのは大変なことかもしれないが、例えばBTC=1,000USDになりそうな時期などは絶好のタイミングだろう。