暗号通貨市場に対するビットコインのシェアはまだまだ下がり続ける!?

ここ数ヶ月で暗号通貨市場がかなりの盛り上がりを見せ、ビットコインそして他のアルトコインの時価総額が大きく伸びている。ビットコイン自体の価格も高騰しているがそれ以上にアルトコインの価格が伸び、ビットコインのシェアが本日51%台まで低下してる。
暗号通貨市場は6兆円を突破、およそ10日で1兆円近い上昇を見せる

coinmarketcap.com

暗号通貨市場シェアのデータ。現在、イーサリアムそしてリップルが15%以上を占めている。

アルトコインを保有する人には2つのタイプが存在してるはずだ。手持ちのビットコインの数を増やすために現在のビットコインの価格よりも上昇が速いアルトコインを一時的にホールドし、満足のいく上昇が起きてからビットコインに戻すタイプ。そしてもう一つのタイプは、自分のホールドしているアルトコインがビットコインよりも優れていると考えて、持ち続けているというものだ。
ただひたすらビットコインを増やそう、ビットコインは暗号通貨の王様である

ビットコインよりも優れたアルトコインが普及し、世界中で利用されていくと考えている人は今後もビットコインのシェアは低下して行き最終的には今よりも分散的に暗号通貨が広がると考えているはずだ。

ビットコインのシェアはまだまだ下がり続ける!?

今後ビットコインのシェアはさらに下がり続けるのだろうか?恐らく一時的にまだまだ下がり続けていくだろう。1つの理由は、新規で暗号通貨の世界に入った人々がより大きな利益を望めそうな時価総額の低いアルトコインを購入する可能性が高いからだ。そしてもう一つの理由はICOの存在だ。現在のICO市場はかなりのバブルのように見える。数分で10億円単位のお金が動いてしまうことも稀ではない。乱発するICOにより新たなコインが暗号通貨市場に登場し、ビットコインのシェアを低下させる。しかしながら、ICOそして世界中の暗号通貨マーケットを支えているのはやはりビットコインなのである。一時的にアルトコインにバブルが起こり、大きな期待を寄せているが結局使い物にならなければ全く意味がない。アルトコインに対する人々の幻想が溶けた頃再びビットコインの重要性に気がつきマーケットのビットコインシェアは回復していくだろう。あなたの持っている暗号通貨で買い物やデビットカードへのチャージを行えるだろうか?


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA