ビットコインが使えるワインと日本酒のお店 ル ジャングレで食事をしてみた

飯田橋にあるビットコインが使えるレストラン、ル・ジャングレで食事をしてみた。たまたま飯田橋に出かけたのだが、大きなお金を持ち合わせてなく、ビットコインミートアップで1度行ったことのあるル ジャングレを思い出した。東京はビットコインを受け付けているレストランが多く存在しているためビットコイナーは食事に困らないだろう。

ル・ジャングレはビットコインミートアップの特別イベントで1度利用したが、その時はビュッフェ形式だったため通常営業時に食事をするのは初めてとなる。

お店の方にビットコインについて聞いてみると、ビットコインミートアップ開催者の紹介で導入を決めたとのことだった。
今回注文したメニューはチーズといちぢくの入ったサラダ、鳥のお刺身、鮎のコンフィ、巨大マッシュルーム揚げなどなど

leginglet01

le-ginglet2

le-ginglet3

le-ginglet4

そして生ハム、ムール貝がお店の一番のオススメということで今回は生ハムを食べてみることにした。3種類の生ハムは極薄にカットされ、それぞれ熟成期間が異なり、違った味を楽しめる。

le-ginglet5

最後の生ハムはご飯を包んで食べる。

le-ginglet6

今回は食事のみだったが、ル・ジャングレは日本酒50種、ワイン200本500種類を揃えているお店で、飲み放題のプランなどもある。

le-ginglet7

le-ginglet8

最後はお馴染みcoincheckを使ってビットコインで決済を行う。

le-ginglet9

ル・ジャングレの食べログページはこちら


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA