ビットコインを利用した身代金の要求が頻発

スイス国内で最大のストリップクラブの顧客に対して$2,000相当のビットコインを支払いを求める手紙が送りつけられた。

手紙を受け取った顧客は50-60名で支払いに応じなければ家族や友人へストリップクラブへ通っている証拠写真を送りつけるというものであった。

顧客情報は車のナンバーから特定されたものだろうとオーナーは話した。また、クラブ内での写真は撮れないようカメラや携帯電話の持ち込みは禁止されているという。

スイスメディアは同様な手口で他クラブの顧客へも手紙が送られていると報じている。

このようにビットコインで身代金を要求する犯行は今月頭にも報じられている。
米Hollywood Presbyterian Medical Centerでは2月5日にランサムウェアによるシステム障害が発生。この病院にかかる患者の情報がロックされた。ハッカーはこれらのファイルを復元するために$17,000相当のビットコインの支払いを要求した。
一刻も早くこの問題を解決しなければいけなかった病院関係者はこれを支払うことによりシステムを復元させた。やむを得ない措置であった。っと語っている。

FBIでサイバー犯罪を担当するJoseph氏は
「正直なところ、この種のランサムウェアはまだ良い方である。被害者には支払いを行うようにアドバイスしている」と話した。

近年この種の犯罪が多く発生しており様々な種類のランサムウェアが出回ってる。これらの犯罪によりビットコインへの悪評も懸念される。
あなたのPCをジャック。身代金はビットコイン支払いで

参考元
nbcnews.com
bitcoinist.net


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA