経済自由度の低い国ではビットコインの値段が高い

経済自由度の低い国ではビットコインの値段が高くなるという新たな論文が発表された。
Darla Moore School of Business in South Carolinaの博士課程学生,Robert Viglioneの論文によると経済自由度の低い国の人々はビットコインへ投資するインセンティブが高いことがわかった。

経済自由度指数

米国のヘリテージ財団とウォールストリートジャーナルによって作られ、点数で世界の国々の自由経済度を表すものである。世界的に権威ある指数の一つで、世界銀行、国際通貨基金、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットなどの統計情報を使用している。
unnamed

wikipedia.org

当時日本は24位である。

自国経済圏から逃れるためのビットコイン

分散型でオープンソースな特性をもつビットコインは自国の狭い経済圏から逃れるためのツールにもなる。ビットコインのまま持ち続けなくても、例えばビットゴールドのようなデジタルゴールドをビットコインで入手できるサービスなどビットコインがあれば様々な場所へ自分の資産を分散させることが可能となる。自国の管轄から完全に逃れることができるのだ。経済自由度の低い国ではビットコインラッシュが起こるのも当然のことだろう。

参考元
papers.ssrn.com
wikipedia.org


AUGUMENTORS

AUGMENTORS

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 台湾のビットコインに対する新たな声明

Leave a comment

Your email address will not be published.


*