ビットコイン価格5,000ドルを下回る。1,500ドルまで下落する可能性も

下落を続けていたビットコイン価格であるが、昨夜ついに5,000ドルを下回った。暗号通貨市場全体でも大幅な下落が続いている。唯一リップルのみが大きな下落はなく時価総額ランキングではイーサリアムを抜き2位となった。

coinmarketcap.com

ビットコインが5,000ドルを下回ったのは13ヶ月ぶりだ。下落要因としてビットコインキャッシュの状況が挙げられている。

coinmarketcap.com

BBCCのファウンダーでCEOのブライアン・ケリー氏はCNBCのFAST MONEYに出演しビットコインやその他暗号通貨の下落はビットコインキャッシュの内紛により起きた可能性があると述べており「ビットコインの価格下落は非常に短期的なイベントである」と話していた。

しかし、ブルームバーグのアナリストによれば、今後価格が1,500ドルに下落する可能性があると予測しており、これは現在の水準から70%以上低下することを意味する。

ヘッジファンドの創設者であるトラビス・クリング氏はビットコインキャッシュの状況は暗号通貨市場全体に影響を与える可能性があるとも話していた。

参考元
bloomberg.com