暗号通貨市場は今後10年で20兆ドルに達する

英国に拠点を置く金融コンサルタント会社deVere Groupの創設者兼CEOであるナイジェル・グリーン氏は、現在4000億ドル規模の暗号通貨市場は、今後10年間で20兆ドルに達する可能性があるとしている。しかしながらビットコインのシェアは今後多くの民間部門と公共部門の組織による暗号通貨が出てくるにつれ縮小するだろうと予想した。

「金銭的な資金からの移行が進んでおり、今後の10年間でこの勢いは拡大する」

また、オンライン取引プラットフォームeToroの暗号技術専門家Iqbal Gandham氏は、ビットコインの価格は今後数年間にわたり安定して上昇すると考えている。

「Bitcoinは過去10年間に大きな回復力を示しており、ボラティリティの波に乗ることができ、スケーラビリティに関する問題に取り組み始めました。」

過去に、シリコンバレーのベンチャーキャピタリストTim Drapper氏はビットコインや暗号通貨市場は一時的に沈静化するが、今後15年間で急速に成長して市場の時価総額は80兆ドル規模になるだろうと話している。

暗号通貨ヘッジファンド CEO「暗号通貨市場の時価総額が40兆ドルに達することは確実に可能だ 」

参考元
independent.co.uk