ビットコイン市場アナリストPlanB「2020年半減期後、ビットコイン価格は55,000ドルを超える可能性」

ビットコイン市場アナリストであるPlanBは2020年に起こるビットコインの半減期後、価格は55,000ドルに達するという新たな価格予測モデルをシェアした。彼は、2009年12月から2018年3月までのビットコインの毎月のSF(在庫/流動)と価値を計算したとしている。

全く異なる市場である金と銀のSFがビットコインの値と一致している。2017年12月の強気相場のピーク時には、ビットコイン SFは22、ビットコイン市場価値は2300億ドルで、銀に非常に近という研究結果を述べた。

半減期はSFに非常に大きな影響を与え、現在25のSFは50に倍増し、金に非常に近くなる(SF 62)。

2020年5月の半減期後のビットコインの予測市場価値は1兆ドルで、これはビットコイン価格55,000ドルに換算される。2020年から2021年の半減期から1年か2年後に、達するだろうと予想している。

半減期が来てもビットコインの価格が上がらないとどうなるか?

半減期前に手持ちのビットコインを増やすには?

前回2016年の夏に半減期がきたが、2017年12月にビットコインの価格が過去最高の約2万ドルまで上昇している。

Goldman Sachsの元パートナーMike Novogratz氏やベテラン暗号学者Nick Szabo氏、ウィンクルボス兄弟はビットコインがゴールドよりも優れていると話している。

Mike Novogratz氏「ビットコインはデジタルゴールドとなる」

暗号学者Nick Szabo氏「世界の中央銀行の一部がゴールドではなく暗号通貨に頼るようになる可能性がある」

ウィンクルボス兄弟はビットコインが7兆ドルのゴールド市場を超えると話す

参考元
View story at Medium.com