Snapchat初期投資家Jeremy Liew氏、「ビットコイン価格は2030年までに500,000ドルになる」

スマホ向け写真共有アプリSnapchatへの初期投資家として知られるJeremy Liew氏はビジネスインサイダーでBlockchain CEOのPeter Smith氏とのインタビューでビットコイン価格は2030年までに500,000ドルになると発言した。Snapchatを運営するSnap Incは時価総額240億ドル以上に成長している。

彼らは主に3つの観点から今後のビットコインの成長を予言している。

送金

海外送金、電子送金は過去15年間で2倍に伸び、GDP比0.76%となっている。

「海外送金の際には手数料の安価なビットコインなどの暗号通貨を利用する代替案が認識されることにより利用者は急激に増加すると想定している。」

政府の不確実性

米国や英国などの途上国における不確実性の増加はビットコインへの関心を高める要因となる。

「ビットコインの高い流動性、移動の容易性、市場パフォーマンスは消費者や投資家レベルで実用的な送金手段、投資手段として機能するだろう。」

投資家のビットコインへの参入、ビットコイン取引の増加、ビットコインベースのETFの増加によりビットコインホルダーの平均保有額は25,000ドルまで成長するだろう。現在、時価総額は164億ドル、ユーザー数は650万人で、ユーザーの平均保有額は2,515ドルである。

スマホの普及

彼らは今後10年でスマホを利用した非現金取引は15-30%ヘ増加すると考えている。

全世界でスマホの普及率は63%程度であるが2020年までには10億人増加すると予想している。またそのうちの90%のユーザーは発展途上国である。これにより、銀行が利用できないUnbankedな人々であっても自身で送金や受け取りが可能となり、ビットコインの普及につながる。これらのトランザクションの50%をビットコインが占めるだろう。

ネットワークユーザは2030年には61倍に成長するだろう。2030年に500,000ドルに到達するには中国の人口の4分の1、または世界人口の5%のユーザーが必要となる。ビットコインのユーザーネットワークは2013年に12万人であったが2017年には650万人まで増加。2030年には4億人まで増加する可能性がある。

最近では中国当局によるビットコイン取引所への調査SECによるETFの否決ハードフォーク問題などマイナスなニュースが報道される度、一時的に価格が急落することは多く見られるものの、今年に入り25%の上昇である。

「ビットコインはいまだ初期段階であり、SECの判決には驚くことはなかった。ビットコイン保有者は増加しており資産が成熟するにつれ周辺機器や開発の展開が大きくなっていくだろう。」ハードフォーク問題に対しても心配はないとし、「ビットコインはこれを防ぐための強い経済的インセンティブを持っている」と発言した。

日本でも4月より仮想通貨法案が施行され、フィリピンでは2月に合法的に決済、送金手段の一つとし認められるなどインフラが整って生きている。今後のビットコインの成長に期待したい。

参考元
businessinsider.com