ビットコインETF否決される。市場は大きく下落するもその後、徐々に回復

米証券取引委員会(SEC)は不正取引へのリスク、世界のビットコイン市場における規制が整っていないことからビットコインETFの認可を否決した。2013年より認可申請を行っていたウィンクルボス兄弟の悲願は叶わなかった。

SECは国家証券取引所における不正行為の防止、また投資家の利益保護への設計を満たしていないという判断から今回の決定に至ったが、ビットコインはまだ早い発展段階にあると指摘。今後時間を経て規制が行われれば市場は発展する可能性があるとポジティブな意見を述べた。

SECの決定前1200ドル台で動いていた市場は決定後1,077ドルまで下落。現在は1,131ドルまで回復している。24時間の取引ボリュームは509,617 BTCと過去2週間平均の2倍以上を記録している。

coinmarketcap.com

参考元
coindesk.com