手をかざすだけでビットコイン支払が可能になる?

皆さんはNFCという言葉を聞いた事があるだろうか?ソニーとフィリップスが共同開発した近距離無線通信技術でありNear Field Communicationの略である。かざすだけで簡単にデータ通信が可能になるというものだ。身近なもので言えばスイカやFeliCa、NFC搭載のアンドロイド携帯でお財布機能がついているものである。

ちょうど一年ほど前の記事でビットコインを体内に保存するという記事を紹介した。
覚せい剤でなく、ビットコインを体内に注入!!!

今回、バイオハッカーであるPatric Lanhed が開発したNFCチップを手の甲に埋め込み、かざすだけでビットコイン支払が行えるという事が実証された。

これで、ビットコインウォレットが入っている携帯電話や、財布をなくす心配はなくなるのである。

CCMのまたくだらない記事かと思われた方が多いと思うが、彼らの開発はこれだけではない。

将来的にこのチップにあらゆる情報を記録させようと試みているようだ。

  • 決済
  • 診療録
  • パスポートなどのID
  • 渡航文書
  • 緊急事態の際、持病やアレルギーなど医療情報の記録
  • 車や家などのセキュリティ認証
  • スマホを使用した個人情報の認証

重要な書類や文書などのデータ化により持ち運ばずにスマホやPCでいつでも取り出せる時代になっているが、セキュリティや医療情報など重要なものは診療を受ける際など未だ持ち出さなければならない。

この普及により将来的に何も持たずに医師の診療が受けられ、緊急時には自分の意識がなくても診療録などを医師に伝えることが可能になるかもしれない。

参考元
cryptocoinsnews.com


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA