モルガン・スタンレー「ビットコインの価格推移はドットコムバブルと驚くほどよく似ている」

モルガン・スタンレーはビットコインの価格推移と取引量、は2000年に起きたドットコムバブルのナスダック市場と驚くほどよく似ていると顧客向けの報告書で語った。さらにその動きはドットコムバブルの15倍の速さであるとしている。

モルガン・スタンレーのストラテジスト、Sheena Shah氏はこれらの価格変動と取引量の動きは、ナスダックの歴史が繰り返される兆候となる可能性があるとしている。

ビットコインが登場して以来、4度のベア市場を記録しており、28%-92%の間で下落している。Shah氏によると、ビットコインの価格の弱気の波は平均して、45〜50%の下落を見せた。

2000年のナスダック弱気市場は5回の価格下落を遂げ、44%の平均を記録し驚くほど似通ったものであるとした。さらに取引量の増加は投資家の活動を示すものではなく、急いで市場から逃げるためのものだと見ている。

Shah氏はUSDテザーの存在に触れ、大きな価格変動を伴うほとんどのコインよりも理論的に安定している可能性があると話した。また今後、市場の焦点は、銀行システムを通じてではなく、分散型元帳を介して取引する暗号トークン/トークン間のクロス取引に向けてますます増加すると考えている。

これまでにも多くの金融関係者がビットコインはバブルであると指摘してきた。
Allianz Global Investors、「ビットコインバブルは崩壊寸前である」
投資家ウォーレンバフェット、「ビットコイン市場はバブルである」

しかし、これは以前から言われていたことでその後価格は上昇し続けてきた。伝説の投資家Bill Miller氏は「ビットコインは破壊的な革新であり、これらのイノベーションが標準化するためには、市場に資本を導入するためにバブルは必要不可欠である。」と話している。

暗号通貨の世界はとてつもない速さで進化しており、少したりとも目が離せない。
暗号通貨の世界を生きる

参考元
cnbc.com


ETH TOWN

ETHTOWN