日本人初心者は暗号通貨を簡単には扱えない

ZUU onlineの記事で『ビットコインは未経験者でも簡単に使える 』というものがあったが、実際には異なるだろう。記事にはビットコインの未経験者10名を対象に取引を行わせたが彼らは難なく取引を完了させたというものだ。まず実験の対象人数が少なすぎる。

そもそもビットコインを使うとは?

blogger-336371_1280_2

(1)ビットコインの購入

まずはじめに、Exchangeや販売所を利用してビットコインを入手することが必要だ。

(2)ビットコインを安全に保管

ウェブウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなど自分に合ったビットコインを保管方法を確立する。

(3)ショッピング、トレード、トークンセールへの参加

入手したビットコインを利用して実際に消費する。

最低限、上記の(1)〜(3)ができて初めてビットコインを『使っている』と言えるのではないだろうか?

ビットコイン自体の購入は恐らく簡単だろう。ウォレット選びからはビットコインの仕組みがわかっていないと難しくなってくる。さらに日本語対応のハードウェアウォレットはまだ登場していない。トレードやトークンセールへの参加は更に難易度が上がってくる。

数千円程度のビットコインを買ってどこかのレストランで使ってみることくらいならば誰にでもできるかもしれないが、価値の保存先としてビットコインを選択するまでには至らないだろう。

参考元
zuuonline.com


domeplatform