ビットコインで生活する家族をご存知だろうか?

仮想通貨とFintechのジャーナリストであるアメリカ在住のJamie Redmanさんとその家族は大のビットコイン信者である。彼らは毎日の欠かさずに仮想通貨に関する話をするようだ。

そして彼らの息子であるJoshua君6歳はそこら辺の大人顔負けのビットコインとブロックチェーンに関する知識を持っている。

『ビットコインとは暗号通貨であり。オンライン上で使用する電子化されたお金のようなもので、トレードできる数字のようなものである。』とJoshua君はビットコインについて説明する。

彼は毎日お父さんとBitcoin Wisdomのチャートに目を通している。Trezorウォレットを購入した際はセットアップの仕方から仕組みまで全てを知りたがり、理解したという。

彼らの家族は、なるべくフィアット通貨を使わない生活をしているようだ。日常のスーパーでの買い物や、支払いなどもビットコインで行う。
bitcoin
これは全く不便なことではないと語り、とても有益な冒険のような経験で周囲の環境を自分たちで作り上げていくリバタリアニズム的なものだと話す。

このような生活の基盤を作り上げることは新たな生きる価値を見出すようだ。また、フィアット通貨は借金のスパイラルに陥れ、人々は個々を失い依存を引き起こすと話した。私たち一人一人は独立した人間であり、それぞれがベストな未来を望んでいる。ビットコインはそれを可能にすると語った。

ビットコインをどのような目的で所有するかは人それぞれであるが、仮想通貨の本質というものは彼らのような思考を持った人々に一番向いているのかもしれない。
そして、彼らの息子Joshua君の成長が楽しみである。

参考元
coingecko.com