ビットコイン急落、売りトレンド終わらず。2018年はさらに低迷か

bloomberg.comは2018年ビットコインにとって悪い年がさらに悪化する可能性があると報じた。

昨年末、過去最高高値2万ドルを記録してから、現在価格はその3分の1程度となっている。Direcalal Movement Indexによれば、ビットコインは今年初め以来、最も強いマイナスの傾向にあるという。売り圧力を測定するディバージェンス分析であるインデックスのトレンドラインも不吉なシグナルを放っているとしている。

売りトレンド終わらず、2018年暗号通貨市場はさらに低迷する可能性があるとした。

ビットコイン価格は6,000ドル後半を維持していたが22日17時頃急落した。日本の複数取引所に対して金融庁より業務改善命令が出されたことや韓国の取引所がハッキングされたことが下落の要因と見られている。今朝方価格は6,006ドルまで下落したがなんとか6000ドル台を保っており、現在6,100ドル付近で推移している。今年2月に記録した最安値は5,920ドルである。

coinmarketcap.com

参考元
bloomberg.com