今週ビットコインは8,000ドルを狙う?価格上昇をもたらす要素とは

ビットコイン価格が大幅に回復している。ちょうど1ヶ月前ビットコイン価格は6,000ドルを下回り今年最低価格を記録した。しかし1ヶ月の間で価格は大きく回復し現在7,700ドル付近で取引されている。今後ビットコイン価格を押し上げる要因となる4つの要素を紹介する。
ブライアン・ケリー氏、「ビットコインはまだ死んでいない」

ビットコインドミナンスの上昇

およそ1ヶ月間40%程度であったビットコインドミナンスは今週に入り、46%まで上昇している。ビットコイン価格が大幅に上昇しているため、ビットコインの保有量を増やすためにアルトを売却する傾向が見られる。

coinmarketcap.com

マイニングハッシュレートの上昇

ビットコインマイニングのハッシュレートが4680万TH/sを超えている。ハッシュレートの上昇はビットコインの価格に比例すると言われている。昨年末に最高高値をつけて以降ビットコインの価格は下落していたが、ハッシュレートは上昇し続けている。ハッシュレートの上昇はマイナーの増加を意味している。新しいマイニングパワーの流入は、マイナーが収益性の可能性を信頼していることを示している。

jp.tradingview.com

取引量の増加

暗号通貨市場におけるビットコインの取引量が増加している。最もアクティブなペアは、テザー(USDT)で、新たな資金が流入し、強気市場が戻ってくる可能性を示している。ビットコインの取引量は、24時間で50億ドルを超え、価格の変化を通して買い戻しが行われていることがうかがえる。

coinmarketcap.com

ETFへの期待

ビットコイン先物商品の上場を行ったシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)が、米国証券取引委員会(SEC)に対しビットコインETFの申請を行った。米国に拠点を置く投資家にとって、ETFが8月10日に承認された場合、機関投資家からの資金流入が予想される。この長期的な期待は、今後の楽観主義を維持する可能性がある。

今年に入り価格が低迷していたビットコインであるが、そん中でもポジティブな動向は見られ、下半期に期待が高まる。
専門家が考えるビットコインへの投資が遅くない理由

暗号通貨市場は30分で200億ドルの増加、ビットコインは10%上昇。市場は上昇トレンドへ突入か

参考元
cryptovest.com