スタンフォード大学、新たにビットコインエンジニアリングコースを今年からスタート

スタンフォード大学のBalaji Srinivasan氏とDan Boneh氏は新たにビットコインエンジニアリングコースを今年からスタートさせた。
このクラスは既存のテクノロジーや論理にフォーカスを置いて仮想通貨、ブロックチェーン、スマートコントラクトについて学ぶコースと共に行われる。売買等の金融関連のことではなく、ビットコインで何ができるかを教える。ビットコインのプロトコルについてである。

このコースはウィークリーハッカソンで構成されている。週初めにテスト段階のコードを渡されその後、これらの修正、改善を行う。実験を繰り返ししながら行う内容となっている。

生徒たちはそれぞれ21ビットコインコンピューターを受け取り授業を行う。講師であるBalaji Srinivasan氏はビットコインコンピューターの販売をする21 Inc.のCEOである。
21incがビットコインコンピューターを販売へ

初日の授業には83人もの生徒が受講している。このうち75%の生徒はビットコインの経験がない。
この先知っていて損はないこの技術を一早く習得する学生は将来貴重な存在になることだろう。

参考元
bitcoinmagazine.com


GameCredits

GameCredits

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. スタンフォード大学のスピード感は流石 | 幸せな億万長者クラブ

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA