暗号通貨投資家必見!ビットコイン&ブロックチェーン研究所でアルトコインレポートが配信される

暗号通貨専門の有料サロン『ビットコイン&ブロックチェーン研究所』でアルトコインのレポート、アルトコインマップが配信されている。

時価総額ランキングであるコインマーケットキャップには時価総額順に暗号通貨がランキングされている。

スクリーンショット 2016-08-08 18.07.58

これらの特徴を知るにはそれぞれの公式ホームページを訪れたり、コミュニティーに参加する必要がある。そして、ほとんどが海外発の暗号通貨であるため情報収集は全て英語で行う必要がある。

今回の『ビットコイン&ブロックチェーン研究所』のアルトコインマップではそれぞれコインの特徴や強み、そして懸念点が挙げられている。

これからアルトコインを購入する人にとって一番有益な情報はそのコインの懸念点だろう。各プロジェクトの公式ページではわざわざ自らのコインの懸念点を語ったりはしない。ほとんどがビットコインと比較した際のアドバンテージやメリットである。アルトコインに投資する際にはビットコインと比較した際のメリット以外に、どういった弱点があるのかを知る必要がある。弱点を知ることによって今後の大きな流れを掴める可能性が高まるからだ。ビットコインのように決済に利用される通貨以外のコインも多く紹介されている。

レポートされている暗号通貨はビットコイン、イーサリアム、steem、ripple、Dash、Monero、Sia、Storj、gamecredits、NEM、Maidsafe、Lisk、Counterparty、NXTなど様々で徐々に追加されていくようだ。

ビットコイン&ブロックチェーン研究所はこちら


domeplatform