2030年までにビットコインは6番目に大きな備蓄通貨となる

備蓄通貨とは政府や企業など多くの機関が外貨準備としてもっている通貨のことであり米ドルが最も人気とされている。自国通貨の為替レートの急変動を防ぎ貿易等の国際取引を円滑にするために、外貨準備を行なう。国家や大企業だけでなく個人でも外貨を持つことは為替変動のリスクのヘッジとなる。ビットコインなどの仮想通貨は投機として人気だが、中央集権的でないため現在の金融システム全体に対するヘッジにもなりうる。どこかの政府が発行している通貨とは異なるためゴールドに似ているとも言われている。

ウィンクルボス兄弟やTim Draperもビットコインをゴールドと比較している。
ウィンクルボス兄弟、ビットコインの時価総額は1兆ドルになる。
Tim Draper、あと6ヶ月で人々がゴールドに走るようにビットコインにも走るだろう

今回、 Magister AdvisorsというM&Aのアドバイザーを務める企業が2030年までにビットコインは6番目に大きな備蓄通貨となるという研究結果を発表した。

備蓄通貨トップ3は米ドル、ユーロ、日本円である。6番目ということはスイスフランや豪ドルと同じようにビットコインが使われるということだ。
bitcoin

ja.wikipedia.org

参考元
ja.wikipedia.org
ibtimes.co.uk


domeplatform