ビットコインATMの普及が急速に拡大。2016年から4倍以上にも増加

ビットコインATMの普及は急速に拡大している。2016年からビットコインATMの数は4倍以上にも増加している。現在世界中で3502台のATMが稼働している。

coinatmradar.com

ATMのほとんどはビットコインをサポートするが、49%がライトコイン取引、32%がイーサリアム取引を提供している。

ビットコインATM市場ではジェネシス・コインがATM市場の33%を占め、ゼネラル・バイトが26%となっている。ゼネラル・バイトは、2014年以来53カ国で1,700台のATMを販売している。2013年に設立されたEasyBitは60台のATMを運用している。現在の速度でATMが世界中に広がると2018年末までに約5000台のATMが稼働することになる。

ビットコインATMの利用者はほとんどが暗号通貨投資家だろう。その中で素早くビットコインを現金化したい場合や、金融機関の利用を避けたいユーザーはビットコインATMを利用するだろう。

しかし、暗号通貨の知識や興味のない人がビットコインATMを利用してビットコインを購入することはほとんどないのではないだろうか。ビットコインATMの平均手数料は8%と高めである。

今後、各国の規制が市場に影響を及ぼす可能性もある。

アムステルダム・スキポール空港はヨーロッパで最初にビットコインATMを導入する空港となる

チェコ共和国プラハの地下鉄駅構内10箇所にビットコインATMが設置される

参考元
bitcoinist.com