SECはビットコインとイーサリアムは有価証券に分類しないと判断

SECのコーポレート・ファイナンス部門責任者であるウィリアム・ヒンマン氏はビットコインとイーサリアムは有価証券に分類しないと判断した。しかし、多くのICOを行ったトークンが有価証券に分類され証券法の規制下に置かれると述べた。

ヒンマン氏はICOを行った暗号通貨が有価証券であるかどうかを判断する上での第一の課題は、第三者によるリターンを期待していることであるとした。資産購入者にとって、投資の利益を追求しているかどうかが鍵となる。

ヒンマン氏はビットコインとイーサリアムは分散化されているためセキュリティではないとしている。

ICOに関して、投資としてではなく個人使用で購入されたものに限っては有価証券ではなく消費者アイテムとして認めるとしてる。

参考元
sec.gov
cnbc.com