ドイツ、ハノーファーで公共料金の支払いにビットコインを受け付け開始

ドイツ、ハノーファーの電気、ガス、や飲料水などの提供サービスを行うEnercityはビットコインでの支払い受け付けを開始した。Enercityは2,500人の従業員と23億ユーロの売上高を誇るドイツ最大のエネルギー会社である。

The silhouette of the evening electricity transmission pylon

ドイツのビットコインスタートアップでモバイル決済システムサービスを提供するPEYとパートナーを組みビットコイン支払い導入が実現した。

支払いは請求書に付属する支払いコードを用いて行う。その他にも、街中のEnercityの支店 では、PEYの決済ターミナルが用意されており、初心者でもビットコインでの支払いが行えるようになっている。

Enercityは
我々の日常生活はデジタル化が進んでおり今回のビットコイン支払い受け付けはほんのわずかなステップである。今後暗号通貨での支払いは一般化していくだろう。ビットコインはどんな環境にあろうとインターネットへのアクセスとウォレットさえあれば機能してしまうとても素晴らしいシステムである。銀行プロセスとは対照的に分散型ネットワーク(P2P)を介して行われることも素晴らしい利点の一つだ。デジタル化はエネルギー部門でも大きくエコノミーを変化させる。将来的にシステムやトランザクション、ネットワークは分散化され独立化していくだろう。したがってこのような決済システムを導入していくことが適切であると我々は考えた。と述べた。

以前にもスイス、ツークで公共料金支払いにビットコインを受け入れるテストが行われるなどの取り組みが行われている。

参考元
cryptocoinsnews.com


GameCredits

GameCredits

5 Trackbacks & Pingbacks

  1. ビットコインが再び盛り上がってるみたい…メリット・デメリットは? | IT News -ITニュース- 
  2. ビットコインが再び盛り上がってるみたい…メリット・デメリットは? - 仮想通貨の世界
  3. スペイン大手エネルギー会社Endesaがブロックチェーンラボをローンチする。
  4. 2016年ビットコインの現状について知っておくべきこと5選
  5. ビットコインが再び盛り上がってるみたい…メリット・デメリットは? | 仮想通貨(暗号通貨)とは?

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA