BIOTRON.IO:Initial Token Event(ITE)を開催

Biotron.ioは、2018年3月20日(UTC 15:00)から2018年3月29日(UTC 15:00)まで、イニシャルトークンイベント(ITE)を開始すると発表した。 トークンの配布は4月2日に開始されるとしている。

Biotron.ioは、ユーザーが許可し、収益を分配する個人データウェアハウスである。 ユーザーデータは収集され、高レベルの分析の形で保存され、興味のある顧客が購入することができる。

そのビジョンを実現するために、Biotron.ioは独自のユーティリティトークンBTRNをローンチする。 トークンは、プロバイダと顧客との間のデータおよび支払いの取引を容易にする。 これは、Biotron.ioのデータ分析にアクセスし、データプロバイダを補うための支払いの唯一のオプションとなる。

ITE中、BTRNはEthereum(ETH)プロトコルでERC20トークンとして作成され、 ITEとBiotron Blockchainがローンチされた後、ERC20ベースのBTRNは最終的な独自のBTRNに置き換えられる。

パブリックITEは9日間続き、毎日が1ラウンドとなる。 1つのBTRNの価格は0.10ユーロとなり、1ラウンドあたり0.01ユーロの増加となる。 最終ラウンドは、1 BTRNあたり0.18ユーロになる。 各ラウンドに使用されるETH-EUR為替レートは、ユーロの為替レートに従って毎日公表される。 ラウンドが始まる前の1日(24時間)の移動平均として計算される。 レートの計算は、ITEに先立って発表される。

プライベートITEは、2018年2月1日に開始され、2018年3月19日まで続く。最小限の寄付は200ETHとなる。 プライベートITE中に受け取った貢献は、公共ITEの第1ラウンド中に記録され、ITEトークンプールから配布される。 プライベートITEボーナスは、作成されたすべてのBTRNトークンの10%である割り当てられた「プライベートITEボーナス」トークンプールから個別に配られる。 ITEとプライベートITEのボーナスのために予約されていて、未分配のまま残っているトークンは、 “User Acquisition”トークンプールに割り当てられる。

ITEへの貢献者の識別は、ETHウォレットアドレスに基づいて行われ、BTRNトークンはこのアドレスにのみ配布される。 すべてのBTRNウォレットアドレスはITEの前に公表される。寄付者の投資知識と財務状況を確立するためのKYCプロセスがある。

概要

  • トークンの役割:データ顧客とデータプロバイダ間のデータ交換を可能にする
  • シンボル:BTRN
  • 最大供給:1 000 000 000トークン(新しいトークンは作成されない)
  • 初期トークンイベント:350,000 000トークン(すべてのトークンの35%)
  • 初期トークン値:1 BTRNあたり0.10ユーロ(1ラウンド)
  • 公共ITE期間:20.3.2018 15:00 UTCから29.3.2018 15:00 UTC
  • 受け入れられる通貨:BTC、ETH、LTC、EOS、OMG、BAT、SPHTX
  • トークン配信の開始:2018年4月2日(48時間)

グラフの概要

  • BTRNトークンの35%はITEに割り当てられる。
  • プライベートITEボーナススキームには10%が割り当てられる。
  • Biotron.ioが取引を有効にするために取引の検証のために10%が開催される。
    自分のブロックチェーン/元帳。 既存のブロックチェーン/元帳が使用されている場合、これらのトークンはそのネットワーク上の取引手数料をカバーするために使用される。
  • 発行されたBTRNトークンの25%は、ユーザー獲得活動、ビジネス開発、市場の拡大を図る。
  • BTRNトークンの15%は、ITEの運用コスト(マーケティング、法律、開発努力)、ITEアドバイザー、パートナー、創設者に報酬を与えること(権利確定期間は12ヶ月まで)。
  • 5%はBiotron.ioの予備品として、将来の販売に備えて販売する予定。2年間の制限。

Biotron.ioの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。