ウォールストリート投資家BillMiller、自身の運営するファンド資産の30%をビットコインで保有

有名なウォールストリート投資家BillMiller氏は現在、ボルチモアに自身の投資会社であるミラー・バリュー・パートナーズLLCを運営している。1億5,400万ドルのヘッジファンド、「MVP1」が今年までに72.5%増加しているとミラー氏はインタビューで語った。その資産の約30%はビットコインであり、2016年の約5%から増加していると彼は語った。

彼は今年7月に自身の流動資産のうち1%をビットコインで保有していることを明らかにした。

今週発表されたヘッジファンドの投資家に対する最新の報告で、同ファンドは現在6,000ドルを超えて取引されているビットコインを平均約350ドルで購入したことを明かした。

多くの金融関係者はこれまでビットコインに否定的な意見を述べてきた。彼のビットコインに対する意見は、「ビットコインには長続きする価値があるかもしれないし、そうでないかもしれない技術的実験であるということです。」と述べた。

「私はまだビットコインの価値がゼロになる可能性がないとは思っていない。その可能性は、より多くのベンチャーキャピタルがビットコインのエコシステムに流入し、より多くの人々がビットコインに精通して購入するにつれて減少するだろう。」と付け加えた。

彼の意見はこれまで投資家たちが述べた中で最もビットコインの動向や性質を理解しているように感じる。何を言おうと、彼は実際にビットコイン自体に触れ結果を出しているのだ。

参考元
hydrocarbonreports.com