The Blockchain Education Network、ビットコインとは何か?使ってみることが理解するための最も手っ取り早い手段である。

今日から9月に突入し、学生たちは新学期を迎える。そこで、学生たちへビットコイン、ブロックチェーン技術に関する教育活動を行うThe Blockchain Education Network(BEN)は米ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ボストン。カナダはバンクーバー、オタワ、モントリオール、トロントの大学キャンパスにて講義参加者に対して大規模なビットコインエアードロップを行う。同時に、ビットコインのコンセプトや、ブロックチェーン技術の説明、ウォレット作成やトランザクションに関するデモンストレーションが行われる。

Businessman push on cell phone check mail currency shield securi

BENはブロックチェーンの革命は教育を通じて生まれると語っている。ほとんどの人は未だに暗号通貨やブロックチェーンに関して知識を持っていない。しかし、初めてそれを耳にした時ほとんどの場合人々は興味を持つ。そしてBENは「ビットコインとは何か?」という疑問に対し、最も手取り早く理解する方法は実際に利用することだと考える。

今回エアードロップを行うことで、これまで耳にしたことなかった人でも友人同士などでビットコインの体験ができる。そこに「ビットコインとは何か?」という疑問の答えがあるという。

また生徒たちはウォレットをダウンロードし、ビットコインを売ってしまったとしても、彼らは法定通貨に比べ取引がどれだけ簡単に行えるかを体験できる。将来的にビットコインの利用に対してオープンになれるだろう。

ビットコインエアードロップは2014年にMIT Bitcoin Clubが新入生へ5,000,000ドル分のエアードロップが初めて行われた。2015年にはモントリオールでMcGill Cryptocurrency Clubがそれを引き継ぎ新年度のオリエンテーションの際に行われた。今回The Blockchain Education Networkはさらにそれを拡大し、引き継ぎを行う。

この試みは伝統となり拡大している。たった500人の生徒がビットコインを受け取っただけでは何も変わらないかもしれないが、毎年入学する生徒たちにこの技術がどのように働くかを伝えていくことで我々の予想をはるかに超える影響が目に見える時が訪れるかもしれない。

参考元
bitcoinmagazine.com
blockchainedu.org