オーストラリア上院議会、ビットコインは正規通貨である。

先日オーストラリア政府はビットコインは無形資産であるとしたのだが、今度はビットコインのポジションを商品やサービス税の問題にまで及ぶ他の正規通貨と同様に扱うべきだとしている。

現地報道陣は数日以内に上院委員会がデジタル通貨に関する勧告を行うと予想している。
ビットコインを正規通貨として扱うことは取引などの分野に深刻な技術的影響を及ぼすだろう。以前の無形資産であるという見方はビットコイン事業の活性化を促すための位置付けであっただろうが、ビットコインが正規通貨となれば取引所だけではなくデジタル通貨を扱う全ての企業に影響が出る。

オーストラリア議員のSam Dastyariは
『これにより得られる歳入はごくわずかであり、トレードや投資、高所得者、世界をリードするスキルなどを得る方がはるかに重要である。』と語った。

規制によって追い払うよりもビットコインテクノロジーが国にもたらす金融利益を探求することを好んでいるようだ。

ビットコインのホットスポットと言われているオーストラリアの規制は今後どのように動いていくだろうか?
3人に1人がビットコインの知識アリ。オーストラリアはビットコインのホットスポット。

大手3社の銀行がリップルの導入実験を行っている
ビットコイン、リップルを研究中の世界の銀行12選

そして、現在アメリカLAで行われているカンファレンスKeynote 2015でもビットコインと銀行に関するツイートが見られる。

参考元
cryptocoinsnews.com