未来予測市場Augurのセールが間も無くスタート

分散型未来予測市場Augurのクラウドセールが間も無く開始する。
予測市場は規制によって作ることができない場合が多いが、 Augurは分散型で胴元のない予測市場を構築する。
ギャンブルや投資のリスクヘッジ、保険、未来の予測など様々な利用方法が考えられる。
これらは、イーサリアムのスマートコイントラクトを使って実現する。

胴元が居なくても予測結果を分散的に判断し、自動的に配当を配るシステムを作り上げる。

トークン名はREP(レピュテーション)

Augurのクラウドセールで売りに出されるトークンはREP(レピュテーション)と呼ばれる。

Augurでは、ある予測に対する事実の認定は分散的に行われる。権力のある人やどこかの組織が事実認定を行うのでは無く、REPを持っている人たちで事実認定を行う。REPを持っている人は予めデポジットしておき、ある予測に対する結果を報告するレポーターとなる。報告結果がマジョリティーとなれば一定の%で報酬を受け取れる。逆にマイノリティーとなればデポジットは没収される。レポーター達は自分のREPが賭けられているため嘘の報告をすると損をしてしまう。報酬を受け取れることで参加者全員が本当の報告をするインセンティブが与えられるため、マジョリティーの報告結果が事実として認定される。


domeplatform