ATLANT:ICO開始から3日で3.5億円以上を調達

ATLANTは、売り手が資産をトークン化し、株式売却のように効果的に処理し、プラットフォーム内のトークンセールを通じてその資産を流動化できるシステムを作成した。売り手が集めたトークンはフィアットと交換することができ、買い手は財産の持分を所有することができる。

ブローカー、エスクロー、クローズコストはすべて実質的に排除され、プロセスは迅速かつ簡潔であり、転送は数カ月ではなく数日以内に完了する。

ATLANTは単なる売買の場だけでなく、企業のレンタルハブを上回るシステムを構築している。ピアツーピアシステムは、それが仲買人を取り除き、技術によって契約のいずれかの側の関係者を結びつけることである。

ATLANTは、テナントがオーナーから直接レンタルを見つけて、ATLANTエコシステムを離れずにレンタル契約を作成して締結できるシステムを作成した。中央集中型のハブの複雑さがなければ、クライアントのコストは大幅に下がり、賃貸人と家主の両方にとってハッピーとなる。 ATLANTのシステムは、世界中でレンタルが見つかる方法を変えようとしている。

ATLANTのホワイトペーパーはこちら

ATLANTはトークンセール開始より3.5億円以上を調達している。トークンのボーナスはまだ最も高いレートとなっている。

アンドロイドウォレットのアップデート

ATLANTはAndroidウォレットのアップデートを発表した。現行のAlphaバージョンは、プラットフォーム・トークン(ATL)管理、基本的なウォレットおよびトークン操作をサポートしている。

以下の機能がアップデートに含まれる。

  1. コードがリファクタリング。
  2. キーのエクスポートの迅速な修正。
  3. アニメーションをインポート。
  4. QR読み込み時のアニメーション。
  5. アドレスアニメーションをコピー。

将来のリリースで予定されている機能の一覧。

  1. ETHフェーズの残高と履歴。
  2. ETHはトークンを送受信。
  3. プロパティトークンが残高と履歴を取得する。
  4. プロパティトークンは、トークンを送受信します。
  5. ADEX契約によるトークン・スワップ(ETH / ATL / Property)
  6. ADEXとACEXによるトークン取引
  7. レンタル契約管理
  8. プロパティトークン(PTO)
  9. オプトインID管理

ATLANT Androidウォレットは、Google Playストアからダウンロードできる。
ATLANTの公式ホームページはこちら