ブロックチェーンベースの分散型取引所によって不動産売買を可能にするATLANTプロジェクト

ATLANTは会社を株の売買でやり取りできるように、不動産でも簡単にトレードが行える仕組みを構築する。世界中どこでも、迅速で少ない手数料で不動産の売買が行える世界を望んでいる。これらの取引はATLANTの分散型取引所を通じて行う。

不動産市場はゴールドや株などよりもはるかに大きく、世界で最も大きな市場である。2018年3月のローンチを予定しているATLANTプラットフォームは、エントリーや高価な弁護士費用を排除してトークン化された不動産を売買する効率的なソリューションを提供している。また、レンタル仲介手数料や偽のレビューだらけのAirbnbとBookingを崩壊させることを目指している。

2017年8月1日 ATLANTは、ブロックチェーン技術に基づく次世代グローバル不動産プラットフォームを発表した。 ATLANTプラットフォームのコア機能は、グローバル不動産市場におけるセキュリティ、効率性、収益性の面で革新的な機能を提供。

ATLANTのブロックチェーンプラットフォームは、安全で改ざんのないシステムを提供し、従来のコストや非効率性を排除することなく、プラットフォームユーザーが財産を交換することを可能にする。 P2P(Peer-to-Peer)トランザクション機能を使用すると、ゲストやホストの使いやすさとセキュリティが向上し、ユーザーエクスペリエンスが向上し、コストが削減され、採用が加速される。

ATLANTのCEOであるJulian Svirsky氏は、「ATLANTプラットフォームは、投資家、宿泊客および不動産所有者にさまざまなメリットをもたらし、コスト削減と利便性を提供します。」と述べている。

不動産は世界で最大の資産クラスでありながら、最も効率的でない。 ATLANTの目標は、217兆ドル以上の世界的不動産市場(2017年の推定1.4兆ドルの収入)に、より安全で、透明かつ流動的な投資および取引方法を与えることだ。これは、より低い総費用で取引を迅速化することによってより多くの利益を創出するだけでなく、小規模の参加者を許可することによって市場規模を拡大することになる。

ATLANTプラットフォームは、トークン化による不動産の分割を可能にし、ATLANTはその後、イーサリアムスマートコントラクトに基づく分散型ADEX交換からPTO(Property Token Offering)経由で取引所にリストする。

ATLANTプラットフォームは、所有権の移転を容易にし、制約を最小限に抑えて分割保有を簡素化し、税の非効率性を緩和し、国境を越えた取引をより簡単にし、官僚制および不必要な仲介による特定の管轄区域で直面する実質的なオーバーヘッドを排除する。

ATLANTは、イーサリアム上に構築されたDAO(自律分散組織)によって管理される分散システムとして動作する。プラットフォームはコアトークンATLによって駆動する。

ATLANTのホワイトペーパーはこちら
ATLANTの公式ホームページはこちら