ビットコイン関連事業で逮捕された人、逮捕される人、未だ謎な人7名

インターネットは自由な世界であり、その成長を誰も止めることはできない。ビットコインの登場で銀行口座が無くても世界中にお金が飛び交うようになったが、『お金』とは単なる『信用』であり、価値のあるモノならばどんな形であっても交換手段になり得る。ブロックチェーンテクノロジーにより画像や音楽ファイル、ゲームアイテム、何かのチケットや労働力が支払いに使えるようになる(既になっている場合もある)。

ビットコインは非常に新しい『お金』の形であり、法律もまだ整備されていない。これまで多くのビットコイナーが法的なトラブルとなり逮捕、裁判沙汰となってきた。新たなチャレンジを行って逮捕されてしまったケース、単純に悪いことをして逮捕されたケースの2パターンが存在する。

あなたはこの中に解放したい人物は何人いるか?

Charlie Shrem

Charlie_Shrem
Bitcoinの為替交換所「BitInstant」の運営者で、無免許での送金業務を行ったとして有罪判決を受けた。オンラインブラックマーケット『シルクロード』の利用者へビットコインを販売したとされている。果たして彼は悪なのだろうか?
昨年の12月よりLewisburg Federal Prison Campにて2年間の禁固刑を受けている。

彼は現在、塀の中でギリシャの囚人からどのようにビットコインを購入するかを質問されているようだ。

こちらのサイトにはFREE CHARLIE SHREM Tシャツが販売されている。
7bucktees.com

Ross Ulbricht

ross-ulbrich
ビットコインについてググったことのある方ならば一度は目にしたことのある顔ではないだろうか?オンラインブラックマーケット『シルクロード』の運営者であったRoss Ulbrichtには終身刑が下された。
Ross Ulbrichtに終身刑

FREE ROSS ULBRICHT:ULBRICHT家族支援のための基金
彼と彼の家族を支援したい方はこちらのアドレスにビットコインを送金
ビットコイン
11Ross5Np5doy4ajF9iGXzgKaC2Q3Pwwxv
freeross.org

Mark Karpeles

マウントゴックス元CEOである彼は自社のアカウントの残高を不正操作し資金を流用させたなどの疑いで、8月1日に逮捕されたばかりである。
メディアの報道では『ビットコインCEO逮捕』などとおかしな報道がされ、国内ビットコインコミュニティーではメディア批判も起こっている。これは日本メディアが暗号通貨を全く勉強していない証拠である。もし故意にイメージダウンを図っているとしてもビットコインの進化は誰にも止めることはできない。
マーク・カルプレス逮捕でビットコインに再び注目が

これを受けて日本のビットコインエヴァンゲリストである大石氏は『ビットコインと円天の違い』についての非常にわかりやすい記事を書いている。
doublehash.me

Carl Mark Force IVとShaun Bridges

シルクロードの潜入捜査官である彼らは、その使命を忘れ自らの利益を優先してしまった。Carl Mark Force IVは70万ドル以上、Shaun Bridgesは80万ドル相当のビットコインを捜査中に不正入手した。コンピューターハッキングやマネーロンダリングの罪で起訴されている。

Jed McCaleb

マウントゴックス、リップルラボ、ステラの創始者であるJed McCalebは暗号通貨の世界と切っては切り離せない人物だ。
彼は保有しているXRPに関してリップルラボ側と使い道に関する契約を結んだが、この契約を破ったとして現在法的な争いを行っている。
XRPの価格暴落、リップル周辺のトラブル継続

Yuki Ito(ムー)

rtj
スクリーンショット 2015-07-23 1.42.18
Yuki Ito(ムー)はリップルトレードジャパンの設立者であり、国内でのリップルゲートウェイを最初に運営した人物である。
リップルトレードジャパンは今年の3月から連絡が取れなくなり、多数の被害者を出した。裁定ボットを利用した海外ユーザーにまでその被害は拡大。被害に遭ってしまった海外ユーザーの一人は流通しているRTJ JPYの大半を保有しているようだ。
3月以降、彼と連絡をとった人物はリップルコミュニティーにはいない。日本国内の被害者は集団訴訟の準備を進めているようだ。彼の発行したRTJ JPYやRTSはいまだに彷徨い続けている。
リップルトレードジャパン、破綻か?!

Gabriel Kleiman

Gabriel Kleiman
彼は大手クラウドマイニングサービス、BITCOINCLOUDSURVICES.COM CEOである。1年以上に渡って問題なく運営してきたが、突如としてペイアウトを停止し、サポートやTwitterでの連絡が取れない状態となった。ペイアウト停止後も同社HPを更新するなどかなり悪質である。ヒゲ面にハゲ頭がトレードマークの彼は一体どこへ行ってしまったのだろうか?
BITCOIN CLOUD SURVICESペイアウト停止、サポートも応答無し