Apple共同設立者Steve Wozniak、「ビットコインはゴールドと偽米ドルよりすぐれている」

10月22日、ラスベガスで開催されたMoney20/20にてApple共同設立者であるSteve Wozniak氏は暗号通貨とブロックチェーンに関する考え方について語った。

その中で彼は、「ビットコインはゴールドと偽米ドルよりすぐれている」と発言した。政府がいつでも増刷できる米ドルを彼は「偽」と呼んでいる。

彼の意見では、ビットコインは供給量が固定されている一方で、政府支援の通貨ではいくらでも増刷が可能でありビットコインの方が安定していると話した。

同様に、ゴールドは必ずしも一定の供給源を持っているとは限らないとして、人間はそれを掘り出すより効率的な方法を引き続き見つけ出すと主張した。

「ゴールドは世界で数量が限られているかもしれないが、ビットコインはさらに数学的に規制されており、誰も数学を変えることはできない」と発言した。

さらに彼は、ビットコインの基盤となるブロックチェーンの透明性がいかに重要かについて話した。しかしながら、無数に出現するブロックチェーンアプリケーションに対して人々が慣れるまでに時間がかかると指摘した。

彼はイーサリアムのスマートコントラクトを賞賛し、コンピューターの発明前に誰も想像できなかった数万のソフトウェアプログラムと同じくらい多くの可能性をスマートコントラクトが開くだろうと語った。

アップル共同創業者Steve Wozniak氏、700ドルでビットコインを購入していたことを明かす

参考元
nasdaq.com