アンティグア・バーブーダは市民権の取得にビットコイン支払いを受け付ける

小さな島々で構成される独立連邦国、アンティグア・バーブーダは投資プログラムによって国の市民権を改正を行い、市民権の取得にビットコインなどの暗号通貨による支払いを可能にした。

首相と財務大臣は暗号通貨について慎重でなければならないとしながらも、「暗号通貨による支払いを容易にすることができる決済メカニズムがあることは本質的だ。」と話した。

首相は、暗号通貨の問題点は投資市場から取り残されていることだとし、暗号通貨でしか支払いができない多数の暗号通貨投資家がおり、暗号通貨決済によりこの市場を拡大すると強調した。

昨年10月、国会議会は国家開発基金(NDF)を通じ市民権の価格を半額の10万ドルに引き下げた。現在のビットコイン価格でおよそ13BTCで市民権の取得が可能だ。

参考元
news.bitcoin.com