中国eコマース大手アリババはブロックチェーンテクノロジーを利用した食品詐欺を防止するシステムを開発中

中国eコマース大手アリババはPwCとチームを組みブロックチェーンテクノロジーを利用した食品詐欺を防止するシステムを開発中だ。

オーストラリアポストと食品メーカBlackmoresがパートナーとして参加しているこのアリババオーストラリアプロジェクトは、食品追跡方法を改善し市場での偽造品を削減することを目指す。
‘Food Trust Framework’と呼ばれる取り組みにより生産者から消費者まで製品を追跡可能となるパイロットブロクッチェーンプラットフォームをオーストラリアで導入予定だ。

アリババはサプライチェーン全体へ参加する者が利用可能なパイロットブロックチェーンテクノロジーソリューションのモデルとなる開発になるだろうと語っている。このプラットフォームによりリアルタイム追跡を可能とするだけでなく、食品詐欺の削減、セキュリティ、透明性の向上を可能にする。

日本でも多々発生する食品偽装問題だが、ご存知の通りアリババの母国中国では大きな問題となっている。Eコマース大手のアリババが積極的にオンライン市場の透明性を改善すべく働きかけることはこの問題への大きな進展へとつながるかもしれない。

参考元
coindesk.com


domeplatform