ALAX:トークンジェネレーションイベントを開始。第1ラウンドのみの10%ボーナスが獲得可能

Unbanked消費者がゲームにアクセス可能にするブロックチェーンベースのプラットフォームALAXは、トークンジェネレーションイベントを開始した。

ブロックチェーンを利用してより良い流通、より簡単な支払い手段とユーザーへの報酬をもたらすためのモバイルゲームプラットフォームALAXは、アジア、アフリカ、中東の急成長中のモバイル市場における主要プレーヤーとの取引を開始予定である。この取引により、ALAXアプリは何百万ものスマートフォンにプリインストールされ、発展途上国の銀行にアクセスできない人々がゲームをダウンロードしてプレイできるようになる。

ALAXのトークンジェネレーションイベント(TGE)では、ALAXストアで使用できるALXトークンが生成される。彼らは、内部取引所を介してエンドユーザに提供されるか、店舗やモバイルオペレータの既存の再販業者ネットワークを使用して提供される。

このセールは2ラウンド開催され、6日間続き4日23日に終了する。

  • 第1ラウンドでは、第1ラウンドのみの10%ボーナス付きで150,000,000ALXトークンを配付する予定
  • 第2ラウンドは、135,000,000ALXトークンを配布する予定。このラウンドは、最初の165,000,000 ALX(150M + 15Mボーナス)がなくなり次第開始される
  • DCTを利用しセールに参加すると、どのラウンドでもTGE全体で10%のボーナスを受け取ることが可能
  • 最初のALXの取引レートは1 ETH = 10,000ALX
  • BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、DCT(DECENT)、SPHTX(SophiaTX)により参加可能
  • ICOプラットフォームであり、暗号通貨市場向けの取引所であるQRYPTOSは、ALXの最初に上場される取引所となる。他の上場先はすぐに発表予定
  • ハードキャップは30,000 ETHに設定され、ソフトキャップはない。プロジェクトは調達額に関係なく進められる

合計で1,000,000,000トークンがあり、TGEにより30%が利用可能となる。 TGEからの収入の15%が法定コンティンジェンシーファンドとして使用され、パートナーシップとインテグレーションでは10%、マーケティング、ユーザー獲得、コミュニティアウトリーチでは35%が使用される。プラットフォーム開発にはさらに40%が使用される。

DragonflyのCEOでALAXプラットフォームの共同設立者であるKalvin Feng氏は次のように述べる。「このICOを革命の始まりとして開催できることは信じられないほど面白いことです。何百万人もの潜在的なゲーマーが、スマートフォンや3Gや4Gテクノロジーにアクセスできるが、銀行を利用できないために、誰もがそうであるようにエンターテイメントにアクセスできるわけではない。 ALAXプラットフォームはブロックチェーン技術を利用してこれを可能にします。携帯ゲーム市場は、銀行口座を持つだけの幸運な人ばかりでなく、すべての人に向けるべきです。私たちはこれを変えることができてうれしいです。」

モバイルゲーマーは従来、ゲームを購入するためにペイパル、クレジットカード、またはSMSを使用して、高価で非効率的なシステムを使用しなければならなかった。 ALAXプラットフォームは、スマートフォンユーザーが既存のDragonflyの小売業者ネットワークを介してトークンを購入するだけで、開発者から直接ゲームやアプリを購入することができる。すべてのトランザクションがブロックチェーンに記録されているため、開発者はゲームの成果を正確に把握し、公正な取引を得ることが可能になる。これにより、トランザクションが迅速化され、従来の支払手段にアクセスすることなく、ゲームやアプリの購入が顧客に開放される。

ALAX公式ホームページはこちら
日本語の詳細はこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。