ALAX:TGEが終了し3,832,493ドルを調達

ゲーム開発者が何億人ものユーザーへのアクセスを可能にするグローバルモバイルゲーム配信プラットフォームALAXは、6日間開催されたトークンジェネレーションイベントを終了した。

ALAX TGEのラウンド2では300,000ALXトークンが用意されていた。ホワイトペーパーで規定されているように、バーンされることなく、すべてのトークンはTGE参加者の保有数に比例した数量が配布される予定である。すべての参加者には10%のボーナスが、またDECENTによる参加者にも10%のボーナスが加算される。

合計で、ALAXは3,832,493.8ドルを調達した。(2018年4月23日のコインマーケットキャップレートによる)。ソフトキャップは設定されておらず、プロジェクトは調達金額に関係なく継続される。

ALXトークンは、QRYPTOSから始まり、YoBit、CREX24、Coinbeneの順で、さまざまな取引所に上場される予定だ。チームはその時点までにトークンを生成し、配布するためにTGEデータを完成させている。トークンが取引所に登録されると、トレード可能となり、後で20%のボーナス付きでALAXアプリケーションストア内にてALAトークンを取得することが可能になる。 ALA / ALXトークンインターチェンジとプロジェクトの使命はALAXの解説ビデオで説明されている。

「私たちを応援し、私たちのTGEを完了するのを手伝ってくださったサポーターの皆様に感謝しています。 ALAXチームは、私たちがやるべきこと全てを達成するために熱心に取り組んでおり、資金調達が可能な限り最善の方法で行われ、私たち全員が誇りに思うサービスを提供していきます。」とALAXの共同設立者Kalvin Feng氏は述べた。

ALAXはまた、基本機能を示すMVPをApp Storeにリリースした。最終版は、現在開発段階にある他の多くの機能を提供する。

「2018年には多くの約束があり、私たちは全力を尽くします。夏には、ALAXテストネットを立ち上げ、メインネットとStore Betaの発売を予定しています。私たちは年末までにすべてのテストを終了することを願っており、最終製品ALAXストア自体が2019年第1四半期末までに完全に稼働し、開始すると見積もっています。」とFeng氏は説明した。

ALAX公式ホームページはこちら
日本語の詳細はこちら