ALAX:ゲーム開発者へのメリットとは?

ブロックチェーンベースのモバイルゲームプラットフォームであるALAXを使用することで、開発者は世界中のアンバンクドなどを含む多くのエンドユーザーであるゲーマーにアクセスできる。開発者は、アンバンクドな人々に製品を提供する際に直面する複数の障害が存在する。最も重視されるのは、出版社または仲介業者の収益の割合であり、第2の問題は支払いプロセスの期間である。 ALAXは、ブロックチェーン技術でそのアプリケーションストアを構築することによって、上記の問題を回避する。

開発者へのメリット

開発者は、サービスのために仲介業者に支払わなければならない手数料が最大70%となることもあり、他に選択肢がない場合、コンテンツの価格を引き上げる必要があ出てくる。最大6ヵ月間の決済時間も要因であり、これにより、収益不足など、開発者にとって問題が発生する。彼らはアプリを開発して宣伝するのに十分な収入を得ているかもしれないが、トランザクションが処理される頃には、収益不足の問題に直面する可能性がある。
ALAXプラットフォームでは店舗全体がDECENT独自のDCoreブロックチェーンに基づいているため、トランザクションはほぼ即時に実行される。開発者は即座に収入にアクセスすることができ、安心して利用可能だ。高額の手数料を機にすることなく、開発者はエンドユーザーにより多くのコンテンツを提供することができる。

ALAXの共同設立者であるMatej Michalkoは「新興市場で開発者が遭遇する問題のほとんどを解決したいと考えていたため、プロジェクトのブロックチェーンを選択することは簡単ではありませんでした。たとえば、ブロックチェーンによりトランザクション時間は5秒となり、支払い決済時間の問題は解決します。」 と述べている。

ALAXの一環として、コンテンツプロバイダーはALAX And​​roid SDKにアクセスできる。特定のプロジェクトのニーズに応じて、開発者はALAXブロックチェーンライブラリ機能の一部またはすべてを使用できる。これにより、開発者は、アプリ内購入、報酬などの機能を利用可能だ。IPFSに格納されたコンテンツは、許可を持つクライアントだけがアクセスできるように暗号化される。

ALAX App Storeは、エンドユーザが慣れ親しんでいるものと同様のインターフェイスを提供する。したがって、ALAXアプリケーションの機能を学習するという厳しいプロセスを経る必要はない。 2つのトークンALAとALXを使用して機能する。 ALAトークンは、アプリストア内でのみクレジットとして使用され、ユーザーはDragonflyの再販業者ネットワークを通じて取得することができる。 ALXは、TGE期間中に取得することができ、2018年4月17日以降に取引所上場が計画されている。
ALAX:開発者とエンドユーザーの公平性を保つため、プラットフォーム上に2つのトークンモデルを実装

ALAXトークンジェネレーションイベント(TGE)は4月17日から開始され、6日間続く。 10億ALXトークンが発行される。

これらはすべて、ALAXが発行したALAトークンに基づいて機能する。ALAトークンはALXトークンで取得可能で、エンドユーザーはデバイスにプリインストールされたALAXの内部取引所を介することで20%のボーナスを得ることができる。また、エンドユーザーはリセラーネットワークで、フィアットを使用してALAトークンを取得することもできる。

ALAXプラットフォームは、TGEの終了後、消費者および開発者がすぐに利用できるようになる。

ALAX公式ホームページはこちら
日本語の詳細はこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。