aeternityブロックチェーンユースケース

aeternityの新たなブロックチェーンではステートチャンネルの導入により、コントラクトコードをブロックチェーンに記録しないオフチェーンで処理される。これにより、従来多くのブロックチェーンで用いられていたオンチェーンの場合に発生するスケーラビリティ問題を解決する。さらに、プライバシーが格段に向上し、スマートコントラクトをより早く簡単に処理できる設計となっている。新たなブロックチェーンプラットフォームaeternityとは?

例えば、これをクラウドセール(ICO)に適応する場合、プロジェクトの目標金額が達成しない場合スマートコントラクトを用いて返金を行うことが可能になる。

aeternityのもう一つの特徴は分散化されたオラクルマシーンにある。これを用いることでAugurのようなゼロダウンタイムの分散型予測市場の構築が可能となる。

この予測市場はマイクロソフトやインテルさらにはCIAなど多くの有名企業や機関で内部意思決定プロセス等に導入されている。

aeternityの独自トークンであるAEを介してオラクルを立ち上げることで実世界のデータをブロックチェーン上に正しく適用しスマートコントラクトの実行を可能にする。これは選挙やスポーツイベント、ゲーム、天候、金融デリバティブ、保険などあらゆるデータに応用可能だ。

例えば天候に関する予測市場にて、ある旅行会社は旅行日に雨が降った場合20ユーロの保険金を支払った例や、宿泊代を全額キャッシュバックするなどの天候に関する保険が適応できる。これは、経営が天候によって大きく左右される農家などのリスクヘッジにも利用可能だ。

aeternityのテレグラムはこちら
aeternity公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA