人々のためのブロックチェーン、Wavesプラットフォームについて知っておくべきこと

Wavesプラットフォームは2016年5月にクラウドセールを行い、およそ16億円の資金調達をした。現在、時価総額はすでに340億円程に成長し14位となっている。

coinmarketcap.com

このWavesプラットフォームだが、一体どのような特徴があるのだろうか?MobileGoやインセント、ZrCoinなどがWavesプラットフォーム上でICOやトークンの発行をしている。Wavesの特徴は扱いやすいUX以外にもフィアットゲートウェイ、クラウドファンディング、分散型取引所などの機能を備えている。

Wavesは、使いやすさと大量採用のために設計されたオープンなブロックチェーンプラットフォームである。誰でもWavesを使用して、独自の暗号トークンを立ち上げ、配布し、取引することができる。プラットフォームは完全に分散化され、透過的で監査可能。 Wavesは、ビジネス導入に必要なすべての機能を提供する包括的なブロックチェーンエコシステムを構築している。このプラットフォームには、ユーザーアプリケーションを簡単に構築できる強力なツールとサービスが多数ある。

アクセスしやすい

  • クリーンで使い慣れたUX
  • Chromeアプリまたはhtmlライトクライアント
  • ブロックチェーンのダウンロードは必要ない

ウォレットのダウンロードはこちら

高速、低コスト、スケーラブル

  • 1分ブロック
  • 低い取引手数料(0.001 WAVES)
  • 手数料はトークンで支払うことができる
  • 最大1,000 txs /秒

フィアットトランスファー

  • 完全に準拠したブロックチェーンとの間でライセンスされたゲートウェイ
  • ブロックチェーンのEURトークン、USDや他の通貨のトークンも進行中
  • フィアット通貨によって裏付けされたトークン
  • Bitcoinゲートウェイとトークンも利用可能

簡単なトークン操作

  • 1分以内に新しい暗号トークンを起動する
  • マストークン配布ツール
  • クラウドファンディングに最適(6月22日にはプラットフォーム上でStartaのICOを行う)

分散型取引所(DEX)

  • クライアント内からのピアツーピア取引
  • あらゆるWavesのトークンを交換する
  • ほぼリアルタイムの順序マッチング
  • セキュリティのためのブロックチェーン決済

スマートコントラクト

  • Non-Turing complete
  • 強力、安全
  • 実装予定は2017Q4

Wavesはすでにいくつかの主要なビジネスとソーシャルプログラムを集めている。これらには、透明なベンチャーキャピタルの組織(Tokenomica)が含まれる。政治的関与構想(Upcoin)。グリーン製造技術事業(ZrCoin);モバイルゲームプラットフォーム(MobileGo)のマーケティング推進セキュアなVoIPおよび通信インフラストラクチャ企業(EncryptoTel)。ブロックチェインロイヤリティスキーム(インセント)などがある。

Waves CommunityサイトではWavesの最新ニュースが掲載されている。例えばWavesプラットフォーム上で発行される新たなクラウドセール情報など、Waves専門のニュースが並んでいる。

ウォレットのダウンロードはこちら
Waves公式ホームページはこちら