10,000ドル相当のギフトが貰えるとしたら、ビットコイン/ゴールド/フィアット/US債権、あなたは何でもらいますか?

以前ビットコインベースの退職勘定サービス(IRA)であるCoinIRAのCMに出演し元大統領候補で、元米下院議員Ron Paul氏は自身のTwitterにて「10,000ドル相当のギフトが貰えるとしたら、ビットコイン/ゴールド/フィアット/US債権、あなたは何でもらいますか?(選択した形で10年は保持しなければならない)」という質問を行った。彼のTwitterは65万人以上のフォローワーを有する。

なんと54%がビットコインでもらうと答えている。

lendedu.comによるビットコインに投資をしたアメリカ人564人を対象とした世論調査ではおよそ40%の参加者が「ビットコインは世界を変える技術」であると信じているとういう結果が出ている。「いくらでビットコインを売却する予定か?」という質問では、平均196,165.78ドルという回答となった。ビットコインに投資した際の価格は回答者平均およそ2,930.85ドルであった。

Appleの共同設立者Steve Wozniak氏は10月にラスベガスで開催されたMoney20/20にて 「ビットコインはゴールドと偽米ドルよりすぐれている」と発言している。

今後、キャッシュレスな時代に移行していくに連れて、ビットコインがデジタルゴールドであるという認識がより一層浸透していくのかもしれない。

参考元
cryptocoinsnews.com