ビットコイン投資でミリオネアになった18歳高校中退の少年

Erik Finman氏18歳は403ビットコインを保有しイーサリアムやライトコインなど数種類の暗号通貨も保有する。現在価格で1億円を超える額だ。

2011年、彼は12歳の時に貯金していたお小遣い1,000ドルを元手に当時12ドルであったビットコインを購入し投資を始めた。彼は15歳の時、通っていた高校教師に「ドロップアウトしマクドナルドの店員にでもなれ」と言われ中退した。2013年に1,200ドルとなったビットコインを売却し、100,000ドルを手にBotangleというオンラインレッスン起業を立ち上げた。学校に不満を持つ生徒たちがオンラインチャットで授業を受けれるという仕組みだ。

後に彼はBotangleの売却を行う。10万ドルもしくは200ビットコインで買い取るという投資家と合意し200BTCで売却を行った。当時のビットコイン価格は200ドルであった。その後、暗号通貨投資やNASAのロケットプロジェクトに参加したりとやりたいことをやりながら生活している。

彼は「私は学校を卒業し学位を得ることに全く価値を見出せません。単位の為にエッセイを書くことより、どうやって仕事を得るかなど、より大事なものを得ることができた。インターネット上にはあらゆる情報がありYouTubeやWikipediaなどで様々な教育を無料で受けることができる。」と語った。

まさに暗号通貨の世界はいい情報も悪い情報も全てインターネット上に転がっている。チャレンジを行い失敗を繰り返しその精査力を上げることで、暗号通貨投資はより確実にすることが可能だ。

最近の与沢氏の動画には多くビットコインの話が出てくるが、以前の彼の暗号通貨への見解は投資家目線としてやや否定的であった。

しかし、最近の動画ではそのような傾向は見られず、どのように活用できるかや今後の発展などを語っている。恐らく彼は暗号通貨について勉強し精査を行ったのだろう。暗号通貨や不動産投資、インターネットそのものに対する見解を彼の視点から語っている。失敗をし成功を収めた彼なりの考え方は実に面白い。

参考元
cnbc.com



domeplatform