オーストラリア、シドニーで1,300万ドル相当のビットコインオークションが開かれる

オーストラリア、シドニーで1,300万ドル相当のビットコインオークションが来月開かれる。このオークションを主催するのはロンドンに本拠地を置き世界各国で会計や税務サービスの事業提供を行うサービス企業Ernst & Young Australiaである。オークションに出される24,518BTCはシルクロードに関与したとされるオーストラリア国民より押収されたものだ。

48時間にわたって開催されるオークションは6月20日現地時間12:01からで、全世界から入札が可能である。以前にも米連邦保安局によるシルクロードRoss Ulbrichtより押収したビットコインのオークションが数回にわたって開催されている。
最後のシルクロードオークションで44,000BTCが売りに出される
ビットコイン取引所のitBitが最後のオークションで10,000BTCを落札

その際はビットコイン取引所や大物投資家の落札が行われた。今回も同様に北アメリカやヨーロッパを中心とした投資銀行やヘッジファンド、暗合通貨取引所が落札するのではないかと予想される。それに加えオーストラリアでのビットコインの成長は著しいため、目の効いた投資家が参加するのではないかと言われている。

ビットコイン半減期が間近に迫っており、現在価格も上昇している中でのオークションのため注目を浴びることだろう。
半減期が来てもビットコインの価格が上がらないとどうなるか?

参加者は6月1日~7日の間に登録が必要だ。

参考元
cryptocoinsnews.com