大手銀行、突然リップルからステラに乗り換え

先週、Ripple forumへの投稿によりXRPの価格が大きく変動した。

その投稿とは、リップルとサンフランシスコのCity National Bankが提携すると報じられたからである。

City National Bankは28億ドルの資産を保有している。これは、既にパートナーとなっているドイツのFidor Bankの10倍である。

投稿はNACHAによるPDF(このPDFファイルのページは既に消去されている)で行われた。
その中の1つによると、2014年10月23日にRipple LabsのCEO Chris Larsen、Fidor Bankの取締役Matthias KronerとCity National
Bank
の副社長、Hruska副社長によってミーティングが行われるというものであった。

既にリップルとFidoのパートナーシップはよく知られている事実であるが、City National Bankによる報道は何もない。

この事からこの投稿は何らかの手違いに寄って漏れた可能性がある。

またその後Vince Hruska名義による奇妙な投稿がある。

‘Dear Ripple Community. We are in talks with Ripplelabs. Our first goal is to implement the Ripple payment protocol for cross-border payments by the end of October 2014. Until then, I beg your patience.’

『私たちはRipple Labsとの話し合いを進めており、第一の目標は国境を越えた決済プロトコルを2014年10月までに履行する事である。』
という内容のものであった。

これによりXRPの買い注文が増え価格が11%上昇した。

この投稿の4日後に新たな声明が投稿される。

Dear Ripple Community. Because of disagreements with Ripple Labs we decided to choose another partner for our cross-border implementation. I’m happy to announce that we are already in talks with Stellar Inc. Stellar has a great team, and I can see a big future in the cryptocurrency space. I will keep you up to date about our next steps.

『Rpple Labsとの意見相違により他のパートナーを選ぶ事を決定した。
新たなパートナーシップとして既にStellar.incと話し合いが進んでいる。』
という内容であった。

しかしながら、
Stellar.incという会社は存在しない。また、なぜこんなにも急展開でこの企画が変わっていくのか。

これらの投稿の信憑性は低いが、10月末に何らかの声明が出されるかもしれない。

参考元
globalcryptonews.com


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA