信用取引がビットコイン急落要因か?

昨日ビットコインの価格が5月より最安値を記録し、およそ10%の下落を見せた。
ビットコイン

急落要因にはさまざまな仮説があるがある観測筋によると今回の急落は外部要因でなく、むしろビットコイントレーダーのとった行動にあると話す。
今年6月に香港を拠点とするBitfinexの信用取引を行うトレーダーによりかなりの額のロングポジションが建てられていたそうだ。

信用取引をしている投資家は、価格が上昇するという予想が外れ、下降トレンドに突入したと判断すると慌てて大量の売り注文を出すため相場下落に拍車がかかることになる。

今後、アメリカ政府を含め各国がビットコインに対しどのような規制をしていくのかが注目される。

参考元
Coin Desk