ビットコインは電子取引産業によって成長するのか

近年、様々なビットコインを対象としたサービスが日本で生まれている。

これは日本が暗号通貨を受け入れる方向へ向かっているサインなのであろうか。

つい最近Coincheckと呼ばれるビットコインプラットフォームサービスが誕生した。
彼らはウォレット、ビットコインの取引、製品購入の決済システムを提供している。

そして、9月14日に電子取引産業に参入し、新たにCoincheck for ECというサービスが提供されるようだ。

Screen-Shot-2014-09-11-at-4.48.56-PM

これは、Coincheckへ登録を行った事業がビットコインでの決済を導入する事が出来る。
基本使用料は無料で、決済手数料は1%である。

CoincheckはDeNAにより支援されておりDeNAは他にもビットコイン関連の企業に投資しているようだ。

これによりビットコインなどの暗号通貨での支払いを受け付ける事業主が増えることになれば、暗号通貨が日本の社会にもっと馴染んでいくだろう。

参考元
Coin Desk
Coincheck
Coincheck for EC