ビットコインは正式に通貨として定義されるのだろうか

オランダのビットコイン会社ビットニックはビットコインを通貨として定義されるようサポートするための Bitcoin is Geldというクラウドファウンディングを行っている。

この活動は以前、ビットコインは通貨として認めないという判決がくだされた事によって発足した。

既に30BTC以上の寄付が集められている。

集められた寄付金は法律の制定活動、また事実上ビットコインがオランダで通貨として定義されるよう訴えかけるために使用される。

このキャンペーンの照準はビットコインを流通貨幣とみなす事とお金として扱う事の違いを定め、広範囲に及ぶ税金の影響、財産権、アンチマネーロンダリング、など規定の骨組みを見直すことである。

最初の目標は寄付金を€1500分のビットコインを集める事で、弁護士等専門的分野の人材の確保に使われるようだ。

ビットコイン活動家で投資家のPaul Buitinkはビットニックはまずこの活動を始める前に、活動をサポートしていないビットコインコミュニティとしっかりと話し合いを行ったほうが、成功の望みは広がると語る。

また活動をサポートするThe Dutch Bitcoin FoundationとStichting Bitcoin Nederlandはどのように活動に関わっていくのか、どのように資金を提供するのかをもっと明確にするべきだ。

参考元
bitcoinisgeld.org
Coin Desk